当クリニックへの受診・転院をお考えの方へ(当クリニックの予約をとる前に)

当クリニックには以下の特徴があります。

 

1.入院ベッドがない。入院紹介も困難。

 当クリニックは精神科病院が運営するクリニックではありません。

 患者や家族が入院を希望し、精神科病院に入院をお願いしても入院ができず、患者や家族が困ってしまうこともたびたびです。

 入院リスクがある方(精神科病院に複数回入院した方、家で興奮する方、大量服薬の経験がある方など)は、当クリニックではなく、精神科病院または精神科病院が運営するクリニックに通院することをお勧めします。

 

2.精神保健福祉士(ケースワーカー)がいない。

 当クリニックには精神保健福祉士はいません。そのため、他の医療機関、役所、地域の支援機関との連携をしっかりとることができません(緩くはとれます)。

 中には、「今すぐ役所に電話してほしい」「今すぐ転院先を探してほしい」という方がいますが、院長が一人で外来診察をやりながら対応していますので、すぐにはできません。

 他の医療機関、役所、地域の支援機関としっかりした連携を希望する方は、精神保健福祉士がいる他の医療機関をお勧めします。

 

3.心理士(カウンセラー)はいない

  当クリニックには心理士がおりません。そのため心理検査や心理士よるカウンセリングを行うことができません

  心理検査を必要とする診断書(年金、手帳)が必要な方は、心理士のいる医療機関での作成をお勧めします。

  知的障害や発達障害の診断には心理検査が必要です。知的障害や発達障害の診断を希望する方は、心理士のいる医療機関を受診してください。

 

4.デイケアなし。リワーク(復職プログラム)なし

 社会復帰トレーニングのための精神科デイケアを行っていません。社会復帰のトレーニングを希望する方は、当クリニックではなく、はじめから精神科デイケアのある医療機関の受診をお勧めします。

 また職場復帰のためのリワークも行っておりません。リワークについては、福島障害者職業センター、リワークを行っている医療機関にご自身で連絡をしてください。

 

5.検査(頭部CT、脳MRI、脳波)ができない。

 当クリニックでは、頭部CT、脳MRI、脳波の機械がありません。ですので、これらの機械を使った検査もできません。

 

《まとめ》

当クリニックには、入院ベッドがないこと、精神保健福祉士や心理士がいないこと、デイケアやリワークをやっていないこと、検査ができないことなどをご理解の上、受診予約をとるようにお願いします。